VALUE YOU UP!! System TALKS Inc.

 

お問い合わせ

製品情報

 

 

 

 

  • USB3.0接続型
  • SATA接続型
  • 内蔵型     
    • SHDシリーズ
       

  • スゴイ スピーカー

 

  • 放射線測定器・線量計
    (ガイガーカウンター)

 

 

 
   

    

ムービーポップ


MOVIE POP 251 − 訴求する動画POP − 狙ったお客様にダイレクトに訴求する、 最強の店舗販促ツール!



MOVIE POP 251 − 訴求する動画POP −

 

型番: MVP-251

>>資料(PDF)<<<

 

 

 

レンタルにご興味のある方クリック!


 

狙ったお客様にダイレクトに訴求する、

最強の店舗販促ツール

 


店舗・販促現場の声に、最高レベルの技術で応えた、新世代の動画POP

 

MOVIE POPはココが違う!

 

 

「本当の売り場」で訴求できる

お客さまが実際に購入する商品列に設置するので、お客さまへ強く訴求できます。
売り場と離れた場所に大画面のビデオを流しても、風景の一つにしかならず、効果が上がらないのが従来の問題でした。

 

商品を邪魔しない  商品スペースを減らさない

プライスレールの高さに合わせた、6.1cmコンパクト設計
主役である商品と展示を阻害しません。

 

垂れ流しのビデオとは違う

狙ったターゲットにタイムリーに訴求
お客さまに「見せたい日、曜日、時間」に、「見せたいコンテンツ」を再生して、ピンポイントで訴求できます。
あたかも、そこに販売員がいるかのような、きめ細かな再生設定ができます。
 

内蔵メモリ+SDカードの最強コンビ

内蔵メモリにコンテンツを保存、再生できるので、カードの盗難の心配がありません。
SDカード内のコンテンツを内蔵メモリにコピーできます。 また、SDカードを再生することもできます。
 

動画+音で強く訴求 騒音にならない

至近距離で訴求するので、音を出しても周りの売り場の迷惑になる騒音になりません。
絵と音で強く訴求できます。
 

パソコンで一括設定可能

付属のソフトでコンテンツの選択やスケジュールを一括設定管理できます。
本体でもタイマー設定できます。
 


MOVIE POP 運用の流れ

 

  1. 添付の変換ソフトを使用して、再生したいビデオファイルを本機対応のMPEG4形式に変換。
        

  2. 添付の「STPFMaker Express」を使用して、再生スケジュールを自在に登録。
     

  3. SDカードに書き出され、それをMOVIE POPに入れる。
    自動的にコピー画面が開き、内蔵メモリにコピーする。
    1枚のSDカードで、何台ものMOVIE POPのデータを書き換えられる。

  4. スケジュールどおりに自動的に再生開始。

 


STPFとは?

 

STPF(SystemTALKS Playing Format)とは、画期的な自動実行ソフトウェアです。
従来の動画POPは、再生するコンテンツやタイマー等の設定を、本体ボタンやリモコンで設定していました。

またコンテンツの変更には、SDカードなどのメモリカードを差し換える必要がありました。

 

STPFを使用すれば、指定時間にオートスタート・リピート・ストップが可能であり、特定の日時に特定のコンテンツを再生させる事が、容易に実現可能です。


STPFの具体的使用例

通常は、『商品A』のファイルを再生しているが、母の日には、『カーネーション付特別商品B』の販売の為、1日だけ、特別バージョンのファイルを再生したい。

 

従来は・・・・
当日の朝、担当者が店舗に出向きメモリカードを交換、翌日の朝、再度店舗に出向き、もとのメモリカードに再度交換。

STPFを使用すると・・・・
予め作成した自動実行ファイルを、前日までに『MOVIE POP』にコピーするだけで、当日朝から特別バージョンを再生、翌日には自動的に『商品A』のファイルを従来通り再生します。

 

STPFは、パソコンのマウス操作のみで簡単に作成できます。

 

 [例]

・毎日10:00〜21:00に、Video-1.asf→Video-2.asf→Video-3.asf の順で再生する。

・水曜日は定休日のために動作しない。

・5月2日水曜日は臨時営業し、毎日と同じビデオを再生する。

・5月26日〜5月31日は特別セールを実施するため、営業時間を22:00まで延長し、

     Sale.asf→Video-1.asf→Sale.asf→Video-2.asf→Sale.asf→Video-3.asf
を再生する。5月30日水曜日も営業する。

・さらに特別セール期間中は、18:00〜18:30にタイムセールを実施し、TimeSale.asf を再生する。
 

 


各部の名称と働き

 

 


主な仕様

 

液晶表示装置 2.5型 LTPS TFT LCD 960×240
使用可能メモリ  内蔵(256MB)、SD (最大容量 2GB)
動画再生フォーマット 映像:MPEG4(ASF) 640×480/320×240, 最大30fps, 400kbps 〜3Mbps
音声:WAV(IMA ADPCM), 16KHz/48KHz
静止画対応フォーマット JPEG ファイルサイズ:最大6MB (EXIF2.2)
映像出力形式 NTSC形式/ PAL形式
外部インターフェイス USB MiniB(USB2.0、電源入力)×1、 AV出力端子、MVEX拡張コネクタ
電源 ACアダプタ
外形寸法/質量 100×61.5×18mm / 約80g
付属品 アプリケーションCD、 ACアダプタ、警報ケーブル、ネジ、マニュアル/保証書、
添付アプリケーション ・Media Converter (様々な動画ファイルを本機使用可能形式に変換するアプリケーションです。)

・STPFMaker Express

対応パソコン CPU: Pentium III 800 MHz以上(P4 1.6 GHz以上を推奨)
RAM: 128 MB (512 MB以上 DDR RAMを推奨)
ハードディスク: 500 MB以上の空き容量(プログラムのインストール用)
ディスプレイ: 1024 x 768以上の解像度で16ビット以上のカラー
光学ドライブ: CDまたはDVDドライブ
USBポート: USB2.0またはUSB1.1 (USB2.0を推奨)
OS: Windows Vista/XP/2000/ME

 

●パソコンやOSの基本的な操作を習得している必要があります。 ●記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。 ● 写真は実際と異なる場合があります。 予告なく仕様を変更する場合があります。

 

 

 

 

©   System TALKS Inc.  All rights reserved.  このサイトのすべての内容の無断転載、複製、抜粋を禁じます。